JR西日本は14日、同社の阪和線用に作られた新型車両「225系」の改良版の公開を大阪府東大阪市の近畿車輛で行った。

【拡大写真特集と動画】新型車両「225系」改良版 指1本で開く工夫のドアや運転席の様子など

[写真]公開された新型車両=14日午前10時半ごろ、大阪府東大阪市で

 同社では、中期経営計画2017で魅力ある近畿エリア創造を目指す中、同線への新車投入計画を進めており、その中でこの車両が誕生した。

 鉄道ライターの伊原薫さんによると、同車両は先頭形状が、広島地区で走っている227系と同様で、行先種別表示のカラーLED化などが施されている。これにより、行先はくっきりと見えるという。このほか、車内Wi-Fiや車両以上拳動検知装置、戸挟み検知機能などがそなえられている。
 

[写真]車両の内部も公開

 同社によると、2017年度までに122両を投入する予定で、阪和線をはじめ関西空港、大阪環状両線を走行する予定となっている。