[写真]夢中でシャッターを切る見物人(手前)。日本最大級の観覧車もクイーン・エリザベスと並ぶと小さくみえる?手前は大阪市の消防艇と渡船=22日午前8時ごろ、大阪市此花区から同港区の大阪港を撮影

 お父さん、どえらい船が来てるわ──。大阪市港区の大阪港に22日、豪華クルーズ客船「クイーン・エリザベス」が入港。大阪へは初入港とあって、港区やその対岸の此花区周辺では早朝から多くの見物人が訪れ「ごっついなぁ」といった声が多く聞かれた。
 

【動画と拡大写真】渡船に行列も クイーン・エリザベス大阪入港フィーバー

[写真]大阪港に着岸したクイーン・エリザベスと天保山大観覧車=22日午前8時15分ごろ、大阪市港区で

 いつもは静かな朝の大阪港が尋常ではない、にぎやかな雰囲気に包まれた。同市港区の男性(45)は「朝からヘリコプターがようけ飛んできたから、もう来たのかと驚いた。予定の時間(午前8時)より早かったなあ」と話し、着岸した船を眺める。

大阪市港湾局によると、大きさは総トン数 9万901トン、全長 294メートル、乗客定員2081人とあって、あちらこちらで「よくこれだけのものが動くなあ」という声も上がっていた。

 そんな船を撮影しながら「お父さん、どえらい船来てるわ」と興奮して話す大阪市内の70代女性は、後ろを歩く夫に「早くおいで」と促す。「こんなに大きいとは思わんかった。いつか乗ってみたいな。ちょっと写真撮るから話しかけんとって」と夢中でシャッターを切っていた。