動画をもっと見る

 ありがとう、特別なトワイライト──。JR西日本は22日、昨年3月に約26年にわたる定期運転を終えた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」を、同5月から専用団体臨時列車として運行していた「特別なトワイライト」の運行を終了。最後の雄姿をみようと大阪駅には多くのファンがつめかけ、回送列車として同駅を出発する車両にむかって「ありがとう」と大声援を贈っていた。

【動画と拡大写真】特別なトワイライトエクスプレス 大阪駅で最後の雄姿に感謝の大声援

定員を40人という「特別感のある列車」として昨年から運行

[写真]運行を終え回送列車として大阪駅を出発する特別なトワイライト。同駅内には「ありがとう」の声が響き渡っていた=22日午後3時50分ごろ、大阪市北区で

 同社によると、この列車の客室編成は、昨年3月までの運行で人気の高かった「スイート」「ロイヤル」だけとなっており、これに食堂車やサロンカーも組み合わせ、定員を40人という「特別感のある列車」として、昨年5月から運行してきた。

 また、車内サービスは、従来のフランス料理などの食事をグレードアップしたものに変え、さらに著名なブーランジェ、パティシエがプロデュースしたオリジナルのパンやデザートも用意されるなどし、引き続き人気を得ていた。

最後はトワイライト関係者とファンが記念撮影

[写真]回送列車として発車後、関係者とファンが記念撮影をする一幕もあった=22日午後4時ごろ、大阪駅ホームで

 最後の運行を終え、同日午後3時45分に大阪駅に到着。最後の客を代表した東京都の夫婦が記念品などを受け取り、同列車乗務員にも花束が贈られた。

 そして、約5分後に回送列車として出発。大きな警笛を鳴らすと、駅にいた多くのトワイライトファンから「ありがとう」「忘れないよー」といった大声援と拍手、そしてシャッター音が響き渡るなど、にぎやかな形で送り出された。

 神戸市から来たという20代の男性は「きょうはこのためにバイトを休んできました。けど、その甲斐がありました。最後の雄姿を見られて最高ですよほんまに」とうれしそうに話し、撮影した写真を満足そうに眺めていた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします