動画をもっと見る

 31日の近畿地方は、晴れ間が広がり気温も上昇。大阪管区気象台によると、大阪市内では最高気温が22度を観測するなど暖かい一日となった。そんな暖かさにつられてか各地で桜が見ごろを迎え、花見をする人の姿も多くみられた。

夜になってもにぎわう「氷室神社」

[写真]散り始めながらまだ花も多いしだれ桜(中央)とソメイヨシノ右上も咲きはじめ、花盛りな氷室神社の境内=31日午後8時ごろ、奈良県奈良市で

 奈良県奈良市の東大寺の近くにある「氷室神社」では、境内に咲く「しだれ桜」が見ごろを迎えており、夜になっても多くの見物人でにぎわいをみせた。同神社では、開花状況を公式サイトで告知しており、同日は「散り始め」の表記が。ただ「まだ花はたくさん残っています」という表記もあり、同日も多くの見物人が訪れた。

 大阪市内から来たという40代の男性は「この桜はいつも楽しみ。これだけしだれているし、ソメイヨシノもけっこう咲いているので、きょうがいちばん良いと思ったんで来てよかった」と話し、夫婦で写真撮影を楽しんでいた。

 同気象台によると、あす1日の近畿地方は低気圧が四国の南海上に進んでくるため雲が広がり、中部や南部では雨が降る見込みの予報だという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします