動画をもっと見る

 JR西日本は1日、29日に開館する「京都鉄道博物館」(京都市下京区観喜寺町)の報道公開を行った。数々の歴史的な鉄道車両から運転シミュレーター、鉄道ジオラマなど楽しめるものが満載のため、開館後も多くの人気を呼びそうだ。

【動画と拡大写真】京都鉄道博物館の運転シュミレーターや日本最大級のジオラマとは

[写真]京都鉄道博物館の報道公開が行われ、全国各地から多くの報道陣が訪れた=1日午後2時ごろ、京都市で

 同社によると、収蔵されるのは梅小路蒸気機関車館にある蒸気機関車を含む「53両」。時速300キロでの営業運転でギネスブックに登録された500系新幹線、戦後の特急列車をけん引した国鉄最大の蒸気機関車C62形などもある。

[写真]歴史的な車両もたくさん展示されている

 これまで2014年4月に閉館した大阪・交通科学博物館に展示されていた0系新幹線などの鉄道車両の搬出が話題となったり、昨年春まで走っていた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」が搬入されるなど、開館前から様々な話題を呼んでいた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします