動画をもっと見る

 12日の近畿地方は、朝から冷え込み大阪管区気象台によると、大阪市内では最低気温が5.5度を観測するなど一気に冬へ逆戻りしたような寒さに包まれた。そんな中、大阪市北区の造幣局で開催中の「桜の通り抜け」が見ごろを迎えている。

[写真]見ごろを迎えている造幣局桜の通り抜け=12日正午ごろ、大阪市北区で

 同局によると、開催初日となった8日は3分咲きだったが、日を追うごとに暖かさが増し、現在は見ごろを迎えているという。同局近くを流れる大川では、桜を眺める水上バスや船が行き来し、露店も多く出店しているため、にぎやかな春の光景も見られる。

 大阪府富田林市から来たという70代の女性は「1日目に来たけど、まだこれから咲きそうやなと思って、また来ました。やっぱりたくさん咲いてるんが見ていて気持ちいい」と話していた。日中は気温は上昇し、同日午後1時までに最高気温は18度を観測している。

 この通り抜けは入園無料で14日まで、午前10時~午後9時に行われている。