ゴールデンウィークに家族そろって元気になって

[写真]激しく扱うと「泣いてしまう」ボールを使った「ベビーバスケ」(もりのみやキューズモールBASE提供)

 「ゆるスポ」で楽しい1日を家族ですごそう──。先月で開業1周年を迎えた「もりのみやキューズモールBASE」(大阪市中央区)は7日、「スポーツかるた」などの「ゆるスポーツ」を楽しむイベント「ゆるスポフェスティバル」を同所1階のBASEパークで開催する。関係者は「だれもが楽しめるという新しいスポーツで、ゴールデンウィークに家族そろって元気になっていただければ」としている。

【動画】昨年4月「もりのみやキューズモールBASE」開業時の様子

開業1周年を記念「世界ゆるスポーツ協会」協力で開催

[写真]「スポーツかるた」も行われる(もりのみやキューズモールBASE提供)

 関係者によると、この「ゆるスポーツ」は年齢・性別・運動神経に関わらず、だれもが楽しめるという新しいスポーツで、競技はそのほとんどが「勝ったらうれしい」「負けても楽しい」という多様な楽しみ方ができるものとなっているという。

 そして、今回は「ゆるスポーツ」を開発するスポーツクリエイター集団「世界ゆるスポーツ協会」協力のもと、開業1周年を記念したゴールデンウィークスペシャルイベントとして開催される。

 また、同キューズモールBASEは、かつて存在したプロ野球球団「近鉄バファローズ」の本拠地としても使われた日本生命球場(通称・日生球場)跡地に建てられており、「ココロと身体の健康をサポートする施設」という同キューズモールBASEならではのコンセプトをこうした形で体現することにより、ゴールデンウィークに家族そろって元気になってもらいたいという狙いもあるという。

競技は「ベビーバスケ」「スポーツかるた」

 今回のイベントでは、激しく振ったり、ドリブルしたり、勢い良く投げたりすると「泣いてしまう」ボールを使った、世界一ゆるいバスケットボール「ベビーバスケ」と、お題が書かれたスポーツ用かるたを使って楽しく全身を動かせるという「スポーツかるた」という2つの競技が行われる。

 そして、森ノ宮を拠点としテレビドラマやバラエティ番組、ラジオ番組などでも活躍する「劇団Patch」のメンバーもゲストで登場予定となっており、こうした競技の開催を明るく盛り上げてくれそうだ。

参加費は無料、対象は小学生以上

 この競技は「小学生以上」が対象で、参加費は無料。イベントの開催時間は午前11時半から午後5時までとなっており「スポーツかるた」の実施時間は午前11時~午後1時・同3時~同5時までの2回で、参加人数は先着100組200人。「ベビーバスケ」の実施時間は同1時~同3時までで、参加人数は先着50人となっている。

 詳しい問い合わせは、もりのみやキューズモールBASEの公式サイトで。