23日の近畿地方は高気圧に覆われ、各地で青空が広がり気温が上昇。気象庁によると、大阪府枚方市では同日午後3時までに今年の最高気温31.3度を観測。また、京都市では33.1度を観測し、いずれも7月下旬並みの気温だという。同庁では「熱中症など健康管理に注意して」と呼びかけている。

[写真]道頓堀の戎橋ではサングラスに帽子、日傘を使った観光客らでにぎわいをみせていた=23日午後2時すぎ、大阪市中央区で

 大阪市内でも、午後に入り30.4度を観測。同市中央区の道頓堀では、照りつける太陽のもと、名物のグリコ看板前でゴールインマークのポーズをとりながら記念撮影を行う人の姿が多く見られた。

 大阪管区気象台によると、あす24日の近畿地方は高気圧に覆われて概ね晴れるが、昼ごろからは気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がり、夕方から雨の降るところがある見込みだという。

近畿各県の最高気温地点と時間は次のとおり(同日午後3時現在、気象庁調べ)。
・大阪府枚方市:31.3度(午後1時22分)
・兵庫県福崎町:31.1度(午後1時45分)
・京都府京都市:33.1度(午後2時)
・滋賀県東近江市:31.0度(午後1時33分)
・奈良県上北山村:31.7度(午後1時21分)
・和歌山県古座川町西川:30.4度(午後1時6分)

※360度映像をスマートフォンで見る場合は「YouTubeアプリ」でご覧ください

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします