動画をもっと見る

 5日の近畿地方は、明け方に雨が降るなどしたが日中は晴れ間が広がり、大阪管区気象台によると、大阪市内では最高気温23.5度を観測した。前日に近畿地方が梅雨入りしたと見られると発表されたが、同市東住吉区の長居植物園では、ハナショウブやアジサイが見ごろを迎え、多くの人でにぎわいをみせている。

ハナショウブ園は40品種・約900株

[写真]見ごろを迎えたハナショウブ園。そばの池には黄色のスイレンも咲き誇り、人気者のハクチョウが来ると手を振る見物客もいた=5日午後3時半ごろ、大阪市東住吉区で

 同植物園によると、アジサイ園では30品種・約6200株の花が咲き誇り、ハナショウブ園でも40品種・約900株咲くことから、毎年多くの見物客でにぎわう。また、ハナショウブ園のそばの池ではスイレンも見ることができ、こちらも黄色など色鮮やかな花を咲かせている。

 同日は貴重な晴れ間とあって、朝から多くの見物客でにぎわう。大阪市住吉区から来たという女性(37)は「早朝は雨やったけれど晴れたんで、家族と一緒に来てみました。そしたら、これだけ咲いてたんでラッキーです。子供が(園内を回る)機関車に乗れて楽しかったと言ってます」などと話していた。

[写真]アジサイ園も様々な花が咲き、遠くからみたらアジサイにうもれているようだ。雨の日にはまた、みずみずしくきれいに咲き誇るだろう=5日午後3時半ごろ、大阪市東住吉区で

 同気象台によると、6日の近畿地方は、気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がり、午後は雨の降るところがある見込みだという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします