JR西日本は24日、大阪市内を走る「大阪環状線」の新しい車両「323系」の報道公開を同日午後、製造を担当した東大阪市の「近畿車輛」で行った。この車両は今年度中から2018年度までに168両投入され、2018年度までにはオレンジ色でおなじみの現在の車両から、すべて置き換えられる予定。

【写真特集】大阪環状線の新型車両「323系」完成披露

[写真]公開された323系。今年度中に投入され、2018年度までには全車両を現在のものから置き換えるという=24日午後、大阪府東大阪市の近畿車輛で

 同日はあいにくの大雨だったため、完成記念式典の一部は車両の前で行われる予定が、やむなく屋内に変更。環状線新車両お披露目ということで、鉄道タレントの斉藤雪乃さんが「オレンジ」の衣装で環状線を意識してきたとPR。このほか、同線との思い出や、すでに見てきたという323系の特徴などについて語った。

 そして、323車両のお披露目が屋外で行われると、それまで降っていた激しい雨はやみ、ファンファーレとともにフロントのベールがはがされ、鮮やかなオレンジを施し、ヘッドライトを点灯させた真新しい車両が姿をあらわした。

[写真]座席両端に大型の仕切りを設置。扉の出入りや肩が出ないようになどの安全を配慮しており珍しいという

 同社によると、新型車両は「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」の4点をコンセプトに、輸送品質の確保や快適性の向上をはかっていくという。

 車両には3ドアのロングシートを採用。運転士が運行中に意識を失うなどの非常事態が発生した場合、自動的に列車を停止させる「EB―N形装置」など、同社では初めて採用される装置もあるという。

 このほか、車内の様子を撮影する防犯カメラやロングシート両端に大型の仕切りが設けられ、扉から入る際の安全などをはかる。そして、1両のドアをこれまでの4ドアから3ドアに変更となる。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします