動画をもっと見る

 冷たい氷があるとき~──。22日は二十四節気のひとつ、1年で最も暑い日とされる「大暑」。大阪市天王寺区の天王寺動物園で同日午前、ホッキョクグマのイッチャンに氷柱がプレゼントされた。

イッちゃんはお上品に食べるタイプ

[写真]中のリンゴを食べようと氷を攻略するイッちゃん。ガリガリかぶりつかず、倒したりプールに落とすなど、飼育員いわく「お上品」に食べていた=22日午前10時20分ごろ、大阪市天王寺区で

 同園によると、暑さを快適に過ごせるようにと、豚まんなどでおなじみの「551蓬莱」からりんごの入った重さ75キロの氷柱が、ホッキョクグマのイッちゃんに贈られた。

 氷にはリンゴが入っており、贈られたイッちゃんは、それを見つけると同時に夢中で寄っていったかと思うと、じっくり観察し外のフルーツから食べたあと、氷自体は倒したりプールに落としたり氷をうまく攻略しながら食べていた。飼育員の下村幸治さんは「イッちゃんはお上品に食べるタイプ」と笑みを浮かべ説明。

 だが、冷たい氷にうれしいのか、ここ最近の暑さを忘れるかのように動きを見せていると、よく見に来ているという見物人の女性は話していた。

[写真]水に落とし、ゆっくりと味わって食べるイッちゃん。プールに落とすなどお上品な食べ方とはいえ、このかぶりつきは豪快で涼しげだった=22日午前10時20分ごろ、大阪市天王寺区で

 氷のプレゼントセレモニーでは、あの「ある時~」「ない時~」の掛け声でおなじみのCMに出演している同社の常務、田中一昭さん。イッちゃんに呼びかけエールを送ったあと「氷がある時〜」のかけ声も響いていた。

 同日午前10時現在の大阪市内の気温は29.1度。セミもたくさん鳴いており、イッちゃんも環境には苦労するだろうが、ひとときの清涼はパワーになったのではないだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします