動画をもっと見る

 大阪880万人訓練が5日午前、大阪府内で行われた。府内各地で携帯電話を持っていたら、マナーモードにしていても着信音が鳴る「大津波警報発表」の訓練通報メールを受信するというもので、大阪市内では突然の着信音に驚きの表情を浮かべる人もいた。

5日朝「大阪880万人訓練」実施 大阪にいたら音出る緊急メール受信

11時3分に「大津波警報発表」という想定で着信音付きメール

[写真]大津波警報を知らせる訓練メールが大阪府内の携帯電話に届いた

 同日午前11時3分ごろ、街では携帯電話の着信音があちこちで鳴り響いた。大阪府危機管理室災害対策課によると、同日11時に「地震発生」、11時3分に「大津波警報発表」という想定で、府内全域に向け緊急メールを発信したという。この訓練は今年で5回目の実施となる。

 警報発表メールを受信する時刻、大阪市中央区道頓堀周辺では、通行人の携帯電話から次々と着信音が鳴り響いた。友人と遊びに来ていたという大阪市内の女性は「なんで携帯鳴るんやろってビックリした。訓練でも『大津波警報』って文字は怖い。気をつけようとおもう」と話していた。

 また、約10分後、大阪市からも同様の着信音付きメールが届くなど、府内の各自治体でもメールを同様のメールが送られた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします