京阪特急「プレミアムカー」の試作モデルが展示

動画をもっと見る

 京阪電車恒例のファミリーレールフェアが大阪府寝屋川市の寝屋川車両基地で開かれ、家族連れや鉄道ファンらが詰めかけた。子どもたちに人気の電車との綱引き対決などの他、今年は京阪特急「プレミアムカー」の試作モデルが展示され、参加者は電車とふれあうひとときを楽しんでいた。

阪堺電気軌道車庫へ潜入 日本一古い営業車両から新型も

子どもたちが京阪電車と綱引き対決

[写真]京阪特急「プレミアムカー」試作モデルの展示

 お揃いのヘルメットで身を固めた子どもたちが、太い綱を握って正面を見据える。綱引きの対戦相手は京阪電車だ。合図とともに懸命に綱を引っ張るが、電車はびくとも動かない。やがて電車が根負けしたようにじりじりと前へ動き出し、子どもチームの勝ち。かわいい歓声が青空に響く。

 綱引きにチャレンジした豊中市の小1男児は「最初は重くて動かなかったけれど、最後は動いた。楽しかった」と満足げ。今年で2回目の挑戦だ。普段はプラレールに夢中。父親は「電車のメカが好きなので、車両扉の開閉などを体験させてやりたい」と、鉄道ファンのわが子のため、いろいろ予定を組み立てている様子だった。

 車両扉、踏切、パンタグラフ、方向幕。それぞれの操作体験コーナーで子どもたちは根気よく並び、自身の番になると、真剣な表情でスイッチなどを操作していた。

「プレミアムカー」の座席に「ゴージャスやなあ」

[写真]車両持ち上げ作業の実演

 重たい車両が頭上を移動するダイナミックなシーンを見学できるのは、車両持ち上げ実演。黄色いクレーンが車両をつかみ、天井近くまで持ち上げる。さらに持ち上げたまま空中を前進し、所定の台車に設置するまでの一部始終を、間近に見学できる貴重な機会だ。

 車両が頭上を移動する際、普段は見られない車両の裏側まで目に入ってくる。見学者から感嘆のどよめきが起き、父親に肩車してもらった子どもが、顔を天井に向けたまま見惚れていた。

 来年度にお目見え予定の京阪特急「プレミアムカー」の試作モデルを展示。参加者は「座席がゆったりしてて、1列に3人しか座れへん」「ゴージャスやなあ」などと言い合いながら、シャッターを切るのに忙しかった。

4年連続参加の小1男児の夢は運転士

[写真]子どもたちと京阪電車による綱引き対決=大阪府寝屋川市の京阪電車寝屋川車両基地

 鉄道関連グッズの人気が根強い。京阪特急のプリントTシャツを着込んだ小1男児は「萱島」「中書島」「守口市」の古字幕を入手。字画の多い漢字まじりの駅名もあるが、関心があるのでいつのまにか覚えたらしい。吊手や福袋も買ってもらった。

 小1にして、4年連続参加。電車の魅力を聞くと、「運転してるとこ!」。父親によると、先頭車両に乗り込み、運転台の後方で景色をながめていると、ご機嫌らしい。将来の夢も「運転士!」だった。

 レールの傷を除去して長持ちさせるレール削正車や、線路のゆがみを直すマルチプルタイタンパー、レールの上を走る作業自動車など、役割が異なる保線作業車が登場。説明役の保線担当係員にメカニズムなどを質問する姿が見受けられた。詳しくは京阪電車の公式サイトで。
(文責・岡村雅之/関西ライター名鑑)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします