動画をもっと見る

 31日のハロウィーンに合わせ、大阪市中央区道頓堀の戎橋付近では、仮装をした若者でにぎわいを見せている。しかし、なにも知らずに通った人たちからは「前に行けないのは困った」といった声もあがっている。

盛り上がるハロウィン仮装、どこまで許される?

すれ違う仮装姿の人と記念撮影する若者ら

[写真]仮装の若者であふれんばかりの戎橋は渡るのも一苦労の状態だった=31日午後7時45分ごろ、道頓堀で

 同日午後7時半ごろ、道頓堀付近に近づくと、周囲では仮装をした若者らの姿が多く見受けられた。外国人観光客らは、その仮装姿を見て記念撮影を楽しむなどする光景も多くみられる。

 そして、戎橋付近では、仮装をしたあふれんばかりの若者らが、すれ違う仮装姿の人を見ては「いいですね」と共感しあい、記念撮影などをしながら交流する光景が多く見られた。

通行人「ここまで混雑してるとは」

[写真]仮装だらけの戎橋にグリコ看板もビックリ?=31日午後7時45分ごろ、道頓堀で

 しかし、一方で家路を急ぐ人など、ハロウィーンに興味なく通行していた人は困惑の表情を浮かべる。仕事を終えて帰宅途中という大阪市生野区の40代の男性は「土日も集まってたと思いますが、きょうもすごいですね。安全に、楽しんでくれたらいいと思いますが、ここまで橋が混雑しているとは思わなかった」などと苦笑を浮かべていた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします