動画をもっと見る

 15日の近畿地方は、気圧の谷や寒気の影響で、各地で曇り空が広がり、所によっては雨も降る天気となった。だが、大阪市内では時折、晴れ間も見られるなどしたためか、最高気温は21.2度を観測(大阪管区気象台調べ)するなどした。

 そんな天気のもと、大阪市中央区城見の大阪ビジネスパーク(OBP)付近では、街路樹が色づき、道行く人の目を楽しませている。

 OBPのTWIN21から大阪城ホールやホテルニューオータニ大阪前の大阪城新橋までの道を覆うように赤や黄色に色づく木々。前日までに寒い日や雨が降るなどしたためか、ここ1週間で急速に色づいている。ランチタイムにもなると、飲食店外のテラスで紅葉を眺めながら食事を楽しむ人の姿も見られた。

[写真]大阪ビジネスパークの街路樹も色鮮やかに染まってきた=15日午後、大阪市中央区で

 近くのコンビニエンスストアのテラスで食事を楽しんでいた会社員の男性(35)は「きょうは温かく感じますね。この近くに勤務して何年にもなりますが、けっこうこの紅葉トンネルはいい感じですね」と笑顔で話していた。

 同気象台によると、あす16日は高気圧に覆われるため概ね晴れますが、寒気の影響で北部を中心に昼ごろまで曇りの所もある予報だという。