動画をもっと見る

 24日から営業運転を開始した大阪環状線の新型車両・323系が注目を集めているが、25日もクリスマスとあって、同車両が24、25両日限定でLED行き先表示に出している「クリスマスツリー」表示がツイッターなどのSNSで話題を呼んでいる。

【写真特集と動画】これが新型車両323系の運転席だ 報道公開で撮影

[写真]車両の行き先表示にクリスマスツリーが表示された323系。側面の行き先表示にもツリーが表示され、粋な計らいに利用者らのSNSでの投稿が多く見受けられる=24日午後、大阪市中央区で 撮影:柳曽文隆

 24日午後の出発記念セレモニーの際、JR西日本の川井正大阪支社長は「世界で初めて、ちょっとオーバーですかね?クリスマスでございますので、側面の行き先表示にもツリーが施されています。きょう、あす(25日)までだけでございます、ぜひ、それぞれの駅で『えっ、これなーに?』みたいな感動を覚えて頂けることを楽しみにしています」とあいさつしていた。

 式典前も、表示を見た同社社員や報道陣らから「LEDってこういうことできるんや」といった声も多くあがっていた。

[写真]新車両の行き先表示にクリスマスツリー。記念式典で、右は斉藤雪乃さん

 クリスマスの粋な計らいに、24日の運行日に出発地となった京橋駅でも「クリスマスツリー出てたなぁ」といった声が多数聞かれ、25日もSNSではそうした投稿が多くみられた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします