動画をもっと見る

 杉下&冠城、警視庁特命係の2人が道頓堀で緊急捜査?──。テレビ朝日・東映制作の人気ドラマ「相棒」で杉下右京を演じる水谷豊と、冠城亘を演じる反町隆史が突然、道頓堀川に船に乗って現れ、戎橋付近で歓声と拍手が沸き起こる一幕があった。

【写真特集】道頓堀に「相棒」の水谷豊・反町隆史が登場で大盛り上がり

「相棒-劇場版IV-」の公開記念で登場

[写真]映画の撮影よりここで写真撮影する方が打ち合わせしてると話した水谷豊(左)と反町隆史=17日午後3時40分ごろ、大阪市中央区道頓堀で

 東映によると、これは2月11日に公開の「相棒-劇場版IV-」の公開記念で行われたプレミアイベントin大阪のために来阪。大阪が本格的なイベントのスタートになるそうだ。

 反町は同劇場版は初登場で、仲間由紀恵、及川光博、石坂浩二、六角精児らおなじみのメンバーに加え、今回はゲストに北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史が登場するなど、注目の作品だという。

[写真]道頓堀に駆けつけた大勢のファンに手を振る水谷豊(左)と反町隆史=17日午後3時45分ごろ、大阪市中央区道頓堀で

 水谷と反町は、全長18メートルの船に乗って登場し、ファンからは歓声と拍手が。そして、なにも知らずに戎橋にいて、この盛り上がりに気づいた人たちは驚きの表情を浮かべていた。

 水谷は道頓堀について「うわさには聞いてましたけど、こんな感じなんですねえ」と笑顔。「かつては亀山薫で映画ができて、神戸尊も映画になって、甲斐享で3本目の映画。僕はソリ(反町)が相棒になって、彼の時に映画にならなかったらどうしようと、ソリになにをいわれるかわからないかと思ってたんですけど、4本目が」というと、反町は「よかったですよ」と笑顔で答えた。

 そして、水谷から見て反町のイメージは?とのMCの質問には「実際にお付き合いが始まると、いろんなことがわかってきて、わかってきましたねぇ~。思ったより優しいですね、本当に優しいやつなんですよね」と答えた水谷。すると、反町は「もともとイメージがいい方じゃないんでね」というと爆笑を誘った。

 一方で反町は水谷について「すごいタフなんですよね。映画の撮影でも歩いたり走ったり、飛び降りたりアクションが多いんですけど、ものすごいタフなんですよ。僕も負けじと一生懸命走ってるんですけど、たまに追い抜かれますからね」と語る。すると、水谷は笑みを浮かべ「今回の映画は今までの中でいちばんアクションが多かったかもしれませんねえ」などと話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします