2月10日「ツーテンの日」に点灯開始

動画をもっと見る

 なにわ名物の輝き、新たに復活へ──。大阪市浪速区の観光名所で国の登録有形文化財となっている「通天閣」は27日夜、昨年から行われていたLED・ネオン広告のリニューアル工事を終え、ネオンの試験点灯を実施。以前よりもさらに明るくなるとともに、約5か月ぶりの輝きを放った。2月10日「ツーテンの日」の夕方から通常点灯が始まる予定。

【写真特集】通天閣 ネオン試験点灯 久々に新世界らしい光景復活

LED総数は1万9650個から3万2579個に

[写真]約5か月ぶりに点灯した通天閣。時計部分はアナログになったり、デジタルになったり、四季を表す映像も出せる==27日午後6時8分ごろ、大阪市天王寺区から撮影

 通天閣の高井隆光副社長によると、ネオンのリニューアルは13回目で、だいたい5~6年のサイクルで工事が行われているという。

 今回のリニューアルにより、高さ45メートル・幅5.2メートル4面広告のLED総数を、これまでの1万9650個から3万2579個に増やし、ネオン管総本数もこれまでの1940本から1989本となった。

 そのため、これまで6色表していた広告の色は、より多彩な12色でのライトアップが可能になったという。

時計はビジョンに。四季を表す粋な映像の演出も

[写真]久々に新世界に通天閣の輝きが戻ってきた=27日午後8時半ごろ、大阪市浪速区で

 また、約60年にわたって使ってきた日本一大きいとされたアナログ式の大時計をLEDビジョンにリニューアル。しかし、ビジョンにしたことでこれまでに使用してきた歴代のアナログ時計を表示したり、日本の四季を表したビジョンを流す、粋な演出も用意しているそうだ。

 この点灯に周囲の新世界で働く人たちも喜びの声をあげる。人力車「俥天力(しゃてんりき)」の俥夫、國領翔太さん(30)は「やっぱり点灯してるとしてないでは違う。観光客も早く帰りませんから。本当に助かります。12色も色が出るんなら、また観光案内用に覚えないと」とうれしそうに話していた。

 また、堺市からたまたま来たという30代の女性は「工事しているということは知らなかったんですが、きょうは1面だけ点灯しているのを見て、ある意味レアだと思いラッキーでした」などと話していた。

[図]LEDビジョン表示種類一覧(通天閣観光・日立製作所提供)

 高井副社長によると、夕方点灯の際は一部の点灯だが、同日午後8時からの試験点灯はすべてのネオンを点灯させるという。

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします