大阪府岬町にある遊園地「みさき公園」は、4月1日で開園60周年を迎えるなど大阪を代表する人気スポットだ。「敷地面積は甲子園球場約7個半分くらいあるんですよ」と語るのは、同園の真貝征志郎園長。園内を見渡すと遊具だけでなく、動物園もあり、たくさんの人気者が誕生しているそうだ。

【拡大写真と動画】エサから一転人気者に 天王寺動物園「幸運のニワトリ」話題

『ほんまや~』『よっしゃ見つけた~』という声多く

[写真]みさき公園の人気者「音羽」。どこかにハートマークが写ってますよ

 園内に入り、最初に目を見張ったのがキリン。ちょうど入り口からも顔が確認でき、その姿が愛らしい。現在はオスの「センイチ」、メスの「音羽(オトワ)」がいるが、ゆっくりと歩む姿に、家族連れやカップルらからは「かわいい」「ホッとする」という声が絶えず聞かれた。真貝園長は「昔は繁殖の実績から『キリンのみさき公園』って呼ばれたんですよ」と語る。

 そして、この音羽はなんと体に「ハートマークがある」という張り紙を見つけた。写真を見る限りしっかりとしたハートマークだが本当にあるのだろうか。「左の後ろ足ヒザ上にあるんですよ。エサを食べてる時がいちばん見やすいんです」(真貝園長)

 ちょうど音羽がエサを食べ始めたその時、教えてもらった箇所をよ~く見たら、くっきりときれいなハートマークを確認できた。

 真貝園長は「ハートマークは無理やり感がないんで、みなさんからも『ほんまや~』『よっしゃ見つけた~』といった声が多くて人気を頂いてます」と笑顔。取材日も平日ながら多くの子供連れや遠足で訪れた子供らがいたが、ハートマークを夢中で探している様子が伺えた。

園長「見た方に幸せになって頂けたら」

[写真]正解は左後ろ足のヒザの上あたり(矢印の部分)でした

 ちなみに、センイチと音羽には「羽夏(ハナ)」というメスの子供がおり、その羽夏もおしりの所にハートマークが引き継がれていることから人気があったとか。その羽夏は昨年11月、富山県の「富山市ファミリーパーク」へ引っ越したそうだ。真貝園長は「ぜひ、富山に行かれた際は羽夏のハートマークを見つけてほしいですね」としみじみと話す。

 さて、ハートマークを見つけたが「なにかご利益はあるんですか?」と聞くと「えぇ~っと、特にありません」と苦笑する真貝園長。

 しかし「このハートを見つけることによって、見た方に幸せになって頂けたらと思います」と話すと、周囲にいたスタッフや来園者からも笑顔がこぼれた。

 この、ほのぼのした雰囲気のみさき公園、まだまだ、いろんな楽しい「どうぶつさん」と出会えそうだ。