動画をもっと見る

 25日の近畿地方は、高気圧に覆われ各地で青空が広がる好天に恵まれた。大阪管区気象台によると、大阪市内では同日午後2時までの最高気温が23.4度を観測するなど、ここ数日に比べると暖かい天気となった。そんな暖かさの中、兵庫県尼崎市の阪神尼崎駅前では、チューリップが咲き誇り、道行く人の目を楽しませている。

昭和の雰囲気漂う60周年迎えた大阪の遊園地 懐かしの遊具は今も健在

[写真]青空のもと色鮮やかなチューリップが咲き誇る阪神尼崎駅前=25日午後2時ごろ、尼崎市内で

 白や赤、黄色といった色とりどりのチューリップが、広い敷地いっぱいに咲き誇る。それを携帯電話のカメラで撮影して楽しんでいる人が多く見られた。

 同市内に住む40代の主婦は「孫とチューリップを撮ってました。かわいいでしょ」と笑顔をみせる。その様子を眺めていた同市内の80代の女性は「もう長いこと咲いてるけど、枯れたのはきっちり手を入れてるからずっときれいやねん」と教えてくれた。地元の企業や公園協会などの協力により、鮮やかな花が咲き誇っており、まだまだ楽しめそうだ。

 同気象台によると、あす26日の近畿地方は、日本海の前線の影響により雨が降り、雷を伴う所がある見込みだという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします