司会:それでは質問をお受けします。必ずマイクを通しまして社名、氏名をお名乗りの上、お願いします。では幹事社の時事通信さま、お願いします。

時事通信:時事通信の〓マツシタ 00:18:36〓と申します。よろしくお願いします。まずIoTの関係なんですけれども、今回、育成プログラムということなんですが、少数精鋭とおっしゃっていたんですが、定員15名というのはちょっと少ないのかなという印象を持ったんですけれども、今後、この育成プログラムを拡大していくとか、ほかの今後も長期的にそういった活動を進めていくとか、そのような方針はあるんでしょうか。

吉村:これは昨年より、これは昨年も実施したんですけど、さらに人数を減らしてるという状況です。これはなぜかと言うと、確かに広く浅くやるっていうのもこれは1つ、方法としてはあるんですが、より内容の濃いものをやっていきたいというのが事業の目的です。ですので、本当にそれをビジネス化につなげていくと。現につなげていくという意味でかなり中身の濃いものにしていきたいと。で、人数を少なくして、より良いものを選択し、そしてサポート体制もかなり充実させていくということで、そこから本当の意味で、僕は1つでも出ればこれは大成功だと思ってるんですけど、1つでも2つでもそういった新たな新規事業が、このIoTの分野で生まれてくると。企業が大きくなればどんどん連鎖していきますから。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】大阪・吉村洋文市長が定例会見(2017年5月18日)

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。

THE PAGE 大阪をフォローする