最近、公道を走る「カート」(ミニカー)が話題になっているが、大阪のカートレンタル店と婚活サロンがコラボした「gogo!!tutuカート」というイベントを毎週土曜日に開催し、話題になっていると耳にした。若い世代だけでなく、かつて遊園地などでゴーカートで遊んだ年配男性にも受けているという。いったいどんなものか、お店を訪ねてみた。

【拡大写真付き】ガンダムみたいなトラクターは社長専用車

キャッチコピーは「新感覚エンターテイメント」

[写真]カート婚活イベント参加者たちからは「ドキドキします。楽しいです」の声も

 このイベントを企画しているのは、「アキバカート大阪」(大阪市浪速区)と婚活サロン「mariage tutu(マリアージュチュチュ)」(兵庫県西宮市)。アキバカートは2013年東京・秋葉原にオープンし、今年に入って大阪のミナミに「アキバカート大阪」ができ、婚活サロンである「mariage tutu」とコラボした異色の婚活イベントとが始まった。さて、このイベントとはどういった内容なのだろうか。

 「ドキドキ、ワクワクが最近ない…合コンはもううんざり…、素敵な出会いなんてない…。そんな方のための新感覚エンターテイメント」というのがキャッチコピーだ。

 開催は毎週土曜日で、朝の部(10:30~12:30)、昼の部(13:30~15:30)、夕の部(16:00~18:00)とに分かれている。当日の流れは、現地集合、カートの説明&安全講習、カートで大阪市内ドライブ、みんなでカフェタイムとなっている(料金4000円)。

カートでハードルを下げる役割ができたら

[写真]「カートで婚活」を企画したアキバカート大阪・立道勲店長(左)とmariage tutuの折田楓さん

 アキバカート大阪の立道勲店長(25)は、こう説明する。

 「大阪でもカートの需要は広がっています。すでに大阪に2社ありますが、まだ珍しいでしょう。カーナンバーもついているので、車道を走っても問題はない。ヘルメット不要です。走る時の注意点は速度制限を守ること、無理な追い越しをしないこと。ガイドがつき、先頭を走ります。オープンから無事故ですよ」。もちろん警察などにもきっちり確認をとった上で営業しており、カートも利用時以外は店内に置かれている。

 一方、兵庫県夙川で婚活サロン「mariage tutu」を母親と経営する折田楓さん(25)は、「カートを使った婚活サロンになるのですが、これで終わってしまうと、合コンと変わらない。婚活サロンの会員になって頂いて成婚までお世話をさして頂くというのが基本的な流れになっています。成婚して幸せになって頂きたいです。他の合コンとは違った、婚活サロンの一環として始めたもので、カートでハードルを下げる役割ができたらと思っています」と明かす。

THE PAGE 大阪をフォローする