動画をもっと見る

 14日の近畿地方は、朝から青空が広がる梅雨の晴れ間となったが、気温の方は各地でグングン上昇。気象庁によると、大阪市内では午前中のうちに気温が25度を超え、京都市では正午に26.5度を観測している。

【拡大写真付き】大阪・駅近くの川でホタル鑑賞 ほのかな輝きの舞に歓喜

[写真]日差しが強く天王寺公園の「てんしば」ではよしずテントが設けられていた。後方はあべのハルカス=14日午前、大阪市天王寺区で

 大阪市天王寺区の天王寺公園内にある芝生では、朝から家族連れなどでにぎわいをみせている。同公園のエントランスエリアであるこの広場は、約2年前に「てんしば」と名付けられて以来、多くの市民が憩いの場として利用しており、見上げれば、あべのハルカスや通天閣も眺められる広い空間となっている。

 芝生の手入れもしっかり行われており、同日も午前中は「芝生養生中」の看板を立て、職員らが水まきなどを行い根を守りながら育てているが、開放しているスペースでは日除け対策の「よしずテント」が用意されており、日陰でぐっすり昼寝をしている人の姿も多くみられた。

 子どもと遊びに来たという阿倍野区の20代の女性は「日差しも強くなってきたんで、こういう対策は子どもたちにも助かります。きょうはおともだちとここでお弁当を食べながら楽しませてもらってます」と笑顔で話していた。

 気象庁によると、あす15日の近畿地方も高気圧に覆われ晴れの予報で、日中の予想最高気温は大阪で28度となっているという。