みさき公園、今年続々と動物の赤ちゃんが誕生

 「ママ離れたらイヤイヤ」──。大阪府岬町にある遊園地「みさき公園」の動物園でアシカの赤ちゃんが公開され、甘えん坊な姿が人気を呼んでいる。同園では今年に入り動物の赤ちゃんが続々誕生しており、広報担当者は「今しか見られないかわいい姿をぜひ見に来てください」と話している。

【拡大写真と動画】春に誕生・愛らしさで人気者間違いなし!? みさき公園にカワウソの赤ちゃん

ママを呼ぶ鳴き声が愛くるしく

[写真]ママの泳ぎのトレーニングは苦手?へばりつくカリフォルニアアシカの赤ちゃん(みさき公園提供)

 先日公開されたのは、今月5日に誕生したカリフォルニアアシカの赤ちゃん。大きさは約70センチで、いつもママを呼ぶ鳴き声を発するなど、まだまだ甘えん坊の様子。同園では2年ぶりの誕生だという。

 また、ママの泳ぎのトレーニングが怖いのか、水に入るとすぐにあがってくる様子、ミルクを飲む様子も公開しており「かわいい」と人気を呼ぶ。これも今しか見られない光景だ。

フラミンゴの赤ちゃんも

[写真]片足で立ちはじめたフラミンゴの赤ちゃん(みさき公園提供)

 同園では、5月末にフラミンゴの赤ちゃんも2羽誕生。片足で立とうとする姿も愛くるしいと人気だ。母親ののどの奥から分泌される「フラミンゴミルク」を口移しで飲む姿も見られるという。
 
 このほか、モルモットも4月から5月にかけ8匹が誕生。エサがくると、高くジャンプする姿も見られるそうだ。広報担当者は「オカメインコ、ニホンザルなども今年赤ちゃんが誕生しています。繁殖のため、今後は他の動物園などへ移動させる場合もあるため、この愛くるしい姿が見られるのは今ですね」と話していた。

THE PAGE 大阪をフォローする