産経新聞:お願いします。都議選で自民党が負けたことを受けて、党の中でも憲法改正の手続きについて、ちょっと後ろ倒しにしようかとか慎重にやろうという意見が出ているようなんですけれども、夏ごろに党内の、維新の取りまとめも検討されるとおっしゃってましたけども、その辺に関してはご自身としてはどうお考えでしょうか。

松井:いや、スケジュールは変わりません。都議選は憲法改正が争点になったわけじゃないでしょ。東京都の政策もほとんど争点にならなかったけどもね。要は憲法改正の話と、要は1つの自治体での選挙の結果と、これをリンクさせること自体が僕はおかしいと思ってますよ、うん。そんなこと言ってたらもう、どこかの選挙で、どこかの小さい自治体の選挙の勝った、負けたによって、国で決めなければならないそういう政策が動いたり動かなかったりっていうのは、これはおかしいと思いますよ、うん。

産経新聞:そうすると自民党が今年中にまとめると言っている話が先送りになったとしても、維新としては出すということ。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

【中継録画】大阪・松井一郎知事が定例会見

この記事の続きをお読みいただくには、Yahoo!ニュースが提供するTHE PAGE プラスの購入が必要です。

THE PAGE 大阪をフォローする