16日の近畿地方は、朝から晴れ間も見えたものの曇り空も広がる天気に。気温の方は、大阪市内で最高気温は34度(気象庁調べ)で、湿度のほうも日中は50%を下回ることはなく暑い一日となった。

【写真特集と動画】浜寺公園前の歩道橋から遠くの幻想的な世界を見つめる女性

[写真]幻想的な輝きを放つ工場から伸びるカーブの光(車のヘッドライト)がさらに幻想的=16日午後11時半ごろ、大阪府堺市西区の浜寺公園付近で(撮影:柳曽文隆 約30秒露光)

 少し清涼感を求め夜景を見に行くと、大阪府堺市西区の浜寺公園付近の光景が目にとまった。先日お伝えした同区や隣接する高石市の工場の輝きが水面に映る光景が遠くに見える。

[写真]橋の向こうに見える輝きからは多くの煙もあがる。「あの場所にはなにがあるのか」と工場とわかっていても考えてしまう=16日午後11時半ごろ、大阪府堺市で(撮影:柳曽文隆 約3秒露光)

 そこから伸びるカーブした道路を車がはしっているが、それをカメラで露光撮影すると、まるで工場から新たな光の線が伸びたような感じになり、幻想的な1枚となった。

[写真]浜寺公園近くの歩道橋から高石市方面を望む。前回お伝えした工場夜景が高速道路の向こうに=16日午後11時半ごろ、大阪府堺市で(撮影:柳曽文隆 約3秒露光)

 また、同日夜は曇天模様だったため、この工場などもぼやけてみえるのが特徴的だった。もし毎日この場所で写真を撮ったとしても、雲ひとつで光景は変わってしまう。

 シャッターを切るたびに、撮影の楽しさは増していく。

[写真]曇り空で風景がぼやけ、さらに幻想的な風景に=16日午後11時半ごろ、大阪府堺市で(撮影:柳曽文隆 約30秒露光)

※<かんさいの夜景>ふだんなにげなく見ている風景でも、カメラのレンズを通してシャッターを切れば、違って見えることもしばしば。このコーナーでは、なにげない「かんさいの夜景」を紹介していく。

THE PAGE 大阪をフォローする