動画をもっと見る

 大阪市淀川区を流れる淀川で5日夜、毎年恒例の「なにわ淀川花火大会」が行われ、打ち上げられる大きな花火に見物人から大歓声があがった。

【別の動画と写真特集】なにわ淀川花火大会2017 見物人も大歓声

[写真]色鮮やかな花火がなにわの空を彩る=5日午後8時ごろ、大阪市福島区で(撮影:柳曽文隆)

 同大会は、会場周辺の地元ボランティアスタッフや企業、商店など、地域住民らの寄付で行われ、今年で29回目の開催となる。会場となった淀川の河川敷には、すでに昼すぎには場所取りに訪れる人の姿が多く見られ、夕方には、河川敷公園のグラウンドも埋まるほどの人でにぎわいをみせていた。

[写真]なにわの夜に大輪が。右は大阪市北区梅田方面=5日夜、大阪市福島区から(撮影:柳曽文隆)

 同日は風が強く少し曇っていたが、無事に開催され、花火が打ち上げられると大歓声があがる。時間がたつとともに色とりどりの花火があがると、拍手も起きるなど周辺は盛り上がりをみせていた。

[写真]突然の雨に見舞われ、見物にんらはシートをかぶるなど大慌てながらも花火見物は楽しんでいた=5日午後8時30分ごろ、大阪市福島区で(撮影:柳曽文隆)

 しかし、開始50分ほどでまさかの雨が降ってきたため、見物人は大慌てで敷いていたシートなどをかぶせるなどしながら引き続き花火を楽しむ光景もみられ、クライマックスの大花火には再び大歓声があがり、帰るころには雨はやんでいた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします