10月14、15両日に移動式のベースボールテーマパーク

[写真]SNS映えしそうなフォトスポットも多数用意される(MLBロードショー提供)

 ついに大阪初上陸──。アジアや南米、ヨーロッパなどの世界中で展開している移動式のベースボールテーマパーク「MLBロードショー 2017 in OSAKA」が10月14、15両日に大阪市北区のグランフロント大阪 うめきた広場、うめきたSHIPホールで開催される。両日ともに関西にゆかりのある元選手ら豪華ゲストのトークショーやプレイヤーのグッズ展示、体験アトラクションなど子どもから大人までが楽しめる空間が「うめきた」に登場する。

松井秀喜氏のメモリアルコーナーも

 広報事務局によると、このイベントはMLB(メジャーリーグベースボール)のリアルをテーマに、来場者に世界観や本物のすごさなどを体験してもらおうと行われる。

 会場内に設置される「MLBミュージアム」では、MLBが保有する選手の用具や、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)などの大会記念グッズ、サインボールなどを展示。

 ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏のメモリアルコーナーや、現在マイアミ・マーリンズに所属するイチロー選手ら現役日本人MLBプレイヤーや日米野球全選手のサイン入りバットなどの展示も行われる。

SNS映えしそうなフォトスポットも多数

 また、VR(バーチャルリアリティ)コーナーには、MLBの実際の球場や観客席などで撮影されたコンテンツをVR上で体験でき、センサーつきの器具を持ってホームランダービーなども体験することができる。

 さらに、MLBのテレビ番組をイメージしたスタジオセットでの撮影コーナーなども用意され、写真を撮ったらすぐにでもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にアップしたくなるような「フォトスポット」が多数用意されている。

 バッティングやストラックアウトケージ、スピードガンチャレンジやベースランニングチャレンジなどのアトラクションも多数設置され、これらは子どもだけではなく、大人も体験を楽しめそうだ。

桑田真澄氏らのトークショーも

 そして、開催中の2日間には、関西にゆかりのある元MLB選手をゲストに迎えた豪華なトークショーを開催。10月14日にはピッツバーグ・パイレーツなどで活躍した桑田真澄氏、同15日にはカンザスシティ・ロイヤルズなどで活躍したマック鈴木氏、サンフランシスコ・ジャイアンツなどで活躍した藪恵壹氏がゲストで登場し、解説者でおなじみAKI猪瀬氏とMLBの魅力を感じられるトークが繰り広げられる。イベントは同14、15両日とも午前10時から午後5時まで。

 また、10月2日から同15日までは、これらのイベントを先行体験できる「MLB FLOOR」をグランフロント大阪北館のUMEKITA FLOORで行われる。これらの詳細はMLBロードショーの公式サイトで。

THE PAGE 大阪をフォローする