[写真]導入される「電柱ハンドリング車」は(左から)つかむ、旋回させる、挿し込むというハンドリング技術を備える(西日本電気システム、JR西日本提供)

 JR西日本グループの西日本電気システム(本社:大阪市淀川区)は20日、新たな電柱建替車「電柱ハンドリング車」を導入すると発表した。

【拡大写真付き】JR西日本 ホームでの「自撮り棒」使用禁止

[図]電柱建替の流れ。上段が従来の工法、下段が新工法(西日本電気システム、JR西日本提供)

 同社によると、この車は建設用クレーンなどを製造するタダノ(本社:香川県高松市)と共同で開発したもので、電柱を直接つかみ、旋回させ、挿し込むという「ハンドリング技術」を、国内の電柱建替車で初めて採用しているという。

 この導入により、これまでの電柱建替工事の際に行われていた、吊り金具の取り外しや取り付けという高所での作業、電柱の移設、横揺れがなくなるため誘導のための補助者が不要になるなど、安全性の向上と省力化が図れる。

 同社によると、10月から訓練設備で作業員の教育訓練をはじめ、訓練完了後に在来線の電柱建替作業で使っていく予定としている。