動画をもっと見る

 ライオンの3つ子赤ちゃん誕生──。和歌山県白浜町の動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパークで、ジャイアントパンダなどの飼育・展示で知られる和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」は26日、ライオンの赤ちゃんが3頭誕生したと発表した。アドベンチャーワールドでライオンの赤ちゃんが生まれるのは3年ぶりだという。

【動画と拡大写真】アドベンチャーワールドで生まれたライオンの赤ちゃん

3頭はいずれもオス

[写真]アドベンチャーワールドで誕生したライオンの赤ちゃん。3頭ともオスですくすく育っているという(提供:アドベンチャーワールド)

 発表によると、3頭はいずれもオスで、今月20日、2003年生まれの父親・2014年生まれの母親(いずれも同所出身)の間に生まれた。体長は35センチで体重は1.2キロとなっている。母親が初産のため、スタッフがしっかりとサポートをしながら子育てを行っているという。

 広報担当者の女性は「(3頭とも)毎日、元気にミルクを飲んでますよ」と笑顔で話す。名前などは特に発表をしておらず、赤ちゃんの公開は詳細が決まってからアドベンチャーワールドの公式サイトで発表する予定だという。

 同園では、今回生まれた赤ちゃんを含め、ライオンをオス15頭、メス16頭飼育している。今回の誕生について担当者は「赤ちゃんの成長をぜひ温かく見守ってください」と話している。