大阪で初開催──。横浜「赤レンガ倉庫」で開催され、今年3月には来場者10万人以上を動員するなど、とことん女子に特化した女性のためのラーメンイベント「ラーメン女子博」が29日、大阪市東住吉区の長居公園の自由広場で始まり、朝から多くの人でにぎわいをみせている。同イベントのプロデューサーを務め、テレビなどにもよく登場するラーメン女子代表、森本聡子さんは「女性だけがおもいっきりラーメンをすすれるエリアも用意しました。女子博ですけど、もちろん男性の方も来ていただければ。私の愛がつまったお店をセレクトしました」と話している。

【別の動画と写真特集】ラーメン女子・森本聡子さん。女子博のため西成へ1か月住んで勉強しました

29日〜10月3日と同5日~9日までの2部制で開催

[写真]ラーメン女子博会場で出店したラーメンを前に舌鼓をうつ森本聡子さん=29日午前、長居公園で(撮影:柳曽文隆)

 森本さんによると、このイベントをプロデュースするきっかけは「女性に特化したラーメンイベント」「思いっきりラーメンをすすれる空間を提供したい」ということだったという。

 これまで横浜で開催されていたが、今回は初めて29日〜10月3日と同5日~9日までの2部制で開催。各部とも全国各地から12店舗が出店。これらの店は、森本さんが愛してやまない店をセレクトし、福島県や福岡県からも出店している。

 また「ラーメン女子博限定」のメニューも多く、女性だけがラーメンを思いっきりすすれる女子限定エリアも用意。ここでは、ブランケットなども用意されている。そして、「イケ麺」というかっこいい男子のコンシェルジュも常駐させ、記念撮影やオススメラーメンを教えてくれなど、女子がうれしいコンテンツがそろっている。

1か月にわたり西成に住み込んでいた

[写真]会場はラーメン好きで大盛況。女子博と名がついているが、男性も入場OKだ=29日午後12時25分ごろ、長居公園で(撮影:柳曽文隆)

 また、驚いたことに森本さんはこの女子博開催のために大阪に住んでラーメンのことを研究していた。「住まないと大阪の魅力が伝えきれないと思い、1か月住み込みました。大阪の土地は粉もの文化だし、ラーメンがどれだけ受け入れられるかチャレンジもありました」と振り返る。

 ちなみに住んでいた場所を聞くと、主に西成区にいたという。「やっぱり全部知り尽くした上でラーメンイベントやりたいという思いがあって、長居からも近いですし。全部チャレンジです。いろいろ新大阪とかも住みました。ちゃんと向き合わないとと思いまして」と続けた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします