岸和田だんじり祭10月祭礼は8日「本宮」を迎え、夜には「灯入れ曳行」が行われた。日中の激走とは違い、夜は子どもたちを中心にだんじりを曳行。さらに提灯にあかりが灯され、ほのかな輝きが街を照らしていた。

【動画と拡大写真】岸和田だんじり祭10月祭礼「灯入れ曳行」は子どもたちも大活躍

[写真]灯入れ曳行の様子=8日午後10時ごろ、大阪府岸和田市で(撮影:柳曽文隆)

 「子どもらがいちばん喜ぶとき」と話すのは、岸和田市下松町の40代男性。「夜は子どもを中心にのんびり曳行します。綱をもってゆっくり進んでは休憩しを繰り返しです」と教えてくれた。

 月灯りもきれいに輝くもとで、太鼓の音と「そーりゃ」の掛け声が夜空に響きわたる。男性は「みんなが楽しんで曳いています。大人より子どもたちの方が元気です」と苦笑していた。

[写真]だんじりが小屋へ。名残惜しい瞬間だ=8日午後10時ごろ、大阪府岸和田市で(撮影:柳曽文隆)

 同日午後10時には、小屋へと行き、だんじりがバックして入っていく。名残惜しい瞬間だが、あちらこちらで関係者の胴上げも行われるなど、無事に曳行できた喜びをかみしめているようだった。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします