11日始発から臨時ダイヤを増発

[写真]線路がゆがんだ現場。地元の人たちが見守る中、試験走行を行っている様子=10月31日、撮影:伊原薫

 台風21号の影響で大阪府泉南、阪南両市の境界を流れる男里川に架かる橋の線路がゆがむなどの被害を受け、南海本線・樽井~尾崎両駅間の臨時で上下線の単線運転を実施している南海電鉄は10日、11日始発から臨時ダイヤを増発すると発表した。

[拡大写真付き]台風で線路被害の南海本線 単線で運転再開

おおむね15分間隔で運行

[図]単線運転区間説明図(南海電鉄提供)

 同社によると、南海線全体の運行ダイヤに支障をきたさない範囲での増発が可能と確認できたことを受けたため、和歌山市駅発難波駅行、難波駅発和歌山市駅行の普通列車(一部は朝、夕方以降の時間帯に急行と区間急行)をおおむね15分間隔で運行するという。

 ただ、特急サザンの運行はなく、他社線への振り替え輸送は継続して行う予定。平日朝に行っていたバス輸送は終了する。

 同線は線路がゆがんだ影響で10月22日に台風の影響で同橋の線路がゆがんだため同31日まで列車の運転を見合わせた後、今月1日の始発から被害のなかった上り線路に、終日30分の間隔で上下線を走らせる「単線運転」で対応していた。

 また、現在行われている同橋の仮復旧工事については、損傷した下り線の橋脚の前後左右に鋼杭を打ち込み、仮橋脚を立ち上げて元の位置に戻す工事を進めているという。同工事完了後に線路関係の復旧工事を実施、仮復旧を完成させ11月中の上下線での運転再開を目指している。

高野線・上古沢駅構内は広範囲で地すべり発生の可能性

 同じく台風21号の影響で和歌山県九度山町の高野線・上古沢駅構内で線路故障が発生し、現在も高野下~極楽橋両駅間で列車の運転見合わせが続いている件について、同社は「現地調査の結果、線路を含む斜面の広い範囲で地すべりが発生している可能性があることが判明した」と発表した。

 今後は、同社と和歌山県、九度山町が協働で地すべり調査などを早急に実施して規模などを把握し、地すべり対策を進めていくという。また、運転再開時期については未定としている。同社によると、10月23日から今月9日までの18日間で運休本数は上下線合わせて1224本、2万7千人に影響が出ているとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします