15日の近畿地方は、昨晩から濃霧注意報が発令されるなど晴れていてもすっきりしない天気となったが、午後には霧も消えていった。奈良県奈良市の観光名所、奈良公園では紅葉が見ごろを迎えており、多くの観光客らが記念撮影などを楽しんでいる。

【拡大写真付き】近畿各地で霧の朝 各地で濃霧注意報

[写真]紅葉が見ごろをむかえ、多くの観光客らが撮影を楽しんでいた=15日午後3時50分ごろ、奈良公園で(撮影:柳曽文隆)

 青空のもと、木々が赤や黄色に染まった公園内では、観光客がシカにせんべいをあげる姿も多く見られた。シカと紅葉が一緒に写ったベストショットを撮ろうとしてか、シャッター音もあちらこちらで響いている。

 ただ、同日は少し強い風が吹いていたため、枯葉が舞う様子も目に映り、少し寒さも感じる。奈良地方気象台によると、同日午後4時までの奈良市の最高気温は16.6度だった。

[写真]黄色も鮮やかな奈良公園、シカも多くの人にうれしそう?=15日午後4時ごろ、奈良公園で(撮影:柳曽文隆)

 埼玉県から観光に来たという60代の夫婦は「紅葉情報を見たら、まだかなと思ったけど今日は見られてよかった。いっぱい記念撮影したんで、夜はおいしい食事が楽しみです」などと話していた。

THE PAGE 大阪をフォローする