動画をもっと見る

 近畿地方は冬型の気圧配置のため、各地で寒い一日となっている。大阪管区気象台によると、大阪市内では同日午後3時までに最高気温は12度にとどまっている。しかし、そんな寒さの中、街路樹の葉は赤や黄色に色づき、同市西区の「靭公園(うつぼこうえん)」では、紅葉が見ごろを迎えている。

かんさいの紅葉2017~街路樹から観光名所まで~

[写真]青空のもと紅葉が見ごろを迎えた靭公園。ベンチで読書を楽しむ人も=24日午後、大阪市西区で(撮影:柳曽文隆)

 同公園は、ビル街の中で東西に細長く広がっているのが特徴。春や秋にはバラが咲くことでも知られている。園内のケヤキ並木は、朝日や夕日を浴びると鮮やかな色を出し、訪れる来園者の目を楽しませている。

 24日は平日にもかかわらず、多くの来園者でにぎわいを見せていた。同区に住む女性(29)は「自転車で子どもを幼稚園へ迎えに行った帰りに通るのが日課です。インターネットで今が色づいていると見たので、きょうは写真を撮りにきました。晴れていて良かったです」と話していた。

 同気象台によると、あす25日の近畿地方は、高気圧に覆われておおむね晴れる予報。しかし、北部では寒
気の影響でおおむね曇りで、朝にかけ雷を伴い雨や雪の降る所があるという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします