みさき公園・アシカのチチ

動画をもっと見る

 風邪予防にうがいをしましょう──。大阪府岬町のみさき公園(真貝征志郎園長)は、今月17日から同園で始まる「風邪予防キャンペーン」に、うがいをするアシカ「チチ」をうがい推進委員長に任命すると発表した。

【動画と拡大写真付き】みさき公園・カンガルー赤ちゃん誕生

大きく口を開けて、水しぶきをあげながらうがい

[写真]大きな口をあけて滝の水でうがいをするアシカのチチ(提供:みさき公園)

 同園によると、チチは飼育され21年のカリフォルニアアシカのオス。アシカ舎に設置された小さな滝から流れる水で、口をすすぐ癖があることから、今回のうがい推進委員長任命を決めたという。飼育員は「うがいをしているように見えるが、どうしてそのようなしぐさをするのかは不明」と話す。

 しかし、滝の水に向かって大きく口を開けて、水しぶきをあげながらうがいをする姿は、来園者の間でも人気。写真撮影をする人も多いそうだ。

 17日午後1時からは、うがい推進委員長任命式が行われる。飼育員が任命状を読み上げ、アシカがおじぎで答える予定となっている。

 同公園の真貝園長は「チチのうがい姿で、みなさんに風邪予防のうがいを呼びかけることができれば」と話している。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします