動画をもっと見る

 19日午前に大部分が閉鎖された大阪市北区の「梅北地下道」。グランフロント大阪などがある大阪駅方面と、梅田スカイビルなどがある大淀方面を結ぶ、全長約200メートル、幅4メートルの地下道だった。

【360度画像】閉鎖10分前に撮った梅北地下道 いつもと変わらず利用者が多かった

[写真]梅北地下道の閉鎖10分前。いつもと変わらず多くの利用者だった=19日午前9時50分ごろ、大阪市北区で(撮影:柳曽文隆)

 都市再生機構(UR)の発表によると、梅北地下道は1928年(昭和3)に開通。旧国鉄の梅田貨物駅が建設されたため、東西が分断されたことで地元の要望を受けて完成に至った。

 開通当時は全長約500メートルあったこの地下道。しかし、うめきた1期再開発工事が行われ、2006年に約300メートルを撤去。今回はうめきた2期工事、JR東海道線支線の地下化や新駅設置事業で大部分を撤去し、地上に設置した歩道に切り替えた。

 残る西側の50メートルは、JR東海道線支線の地下を通るために残された。しかし、この線路も2024年ごろには撤去の予定で、同時に残りの地下道も閉鎖される。

[写真]朝まで利用されていた地下道東側入り口は閉鎖。前にある信号も停止していた=19日午後1時ごろ、大阪市北区で

 19日午前10時の大部分閉鎖の際は、多くの報道陣や利用者が見守る中、閉鎖作業が行われた。しかし、数時間後には閉鎖された部分に柵が設置されていた。東側の入り口前にあった信号機も止められ、警備員が立っていた。

 今回の閉鎖の代わりに設置された地上の歩道は幅が約8メートルで、自転車専用と歩行者専用に分けられている。

[写真]新たに設置された地上の歩道を利用する人の姿が多く見られた。右側には梅北地下道東側入り口が写っている=19日午後1時ごろ、大阪市北区で

 新たな歩道を利用していた大阪市西区の女性(24)は「地下道は暗い感じもあったけど人がいたので通るのは別にいやじゃなくて便利だった。でも、この新しい歩道は大阪駅に少し近い感じがするので便利に思います」と話していた。

 仕事先への移動中という大阪市中央区の30代男性は「新しい歩道は広くていいと思う。地下道はよく使っていたので寂しいです。梅田が便利になっていく様子が見られるのは楽しみですね」と話していた。