動画をもっと見る

 バレーボールの日本一決定戦、天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会の決勝が24日行われ、男子はパナソニック(ホームタウン:大阪府枚方市)が5年ぶり4度目の優勝を決めた。川村慎二監督にとって4シーズン目にして初のタイトル。「やっと勝てたなという気持ち。嬉しく思います」と感慨深げ。一方、女子はトヨタ車体が9年ぶり2度目の頂点に。2シーズン目で日本一に導いた多治見麻子監督は「選手の頑張りに感謝しています。成長段階のチームなので自信になります」と喜びをかみしめながら語った。

「パナソニックは最強だけでなく最高のチーム」

[写真]胴上げされる川村慎二監督(写真:長田洋平 アフロスポーツ)

 清水邦広のサーブからのラリー、最後はクビアク(ポーランド代表)のパイプ(バックアタック)が決まり、ついにパナソニックが川村監督が就いて初めて、チームとしては5年ぶりに日本の頂点に立った。前日の準決勝で前回覇者の東レを、2時間を超える戦いの末に破り(第5セットは19-17)、この日も粘る豊田合成を気持ちで突き放した。苦しかった分、喜びが弾ける。

 2014年の天皇杯・皇后杯、2015/16 V・プレミアリーグ、2017年の黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会は準優勝。「自分が監督になって決勝ですべて負けているので払拭したい」と話していた川村監督は、「やっとつかめました。勝てたのはすばらしい選手がいてのこと。目の前の1戦1戦に全力で臨んでくれた結果。強い気持ちで戦ってくれた」と安堵の表情を見せた。

 準決勝、決勝と最多得点を挙げチームを優勝へと導いたエースの清水も笑顔。

 「優勝できて嬉しいです。苦しい試合でしたけど、こうして勝てて、家族のためにもファンの皆さんのためにもいいクリスマスプレゼントができました。サーブとブロックで貢献できて嬉しいです。調子が上がって(得点できて)いるのは周りに助けられているから。決めやすい環境にしてくれている。パナソニックは最強だけでなく最高のチームです」

 「優勝という結果で『自分たちは強い』ということを証明できて嬉しいです」と深津英臣キャプテンも誇らしげだった。