バレーボール新リーグの「名称とロゴデザイン」発表

動画をもっと見る

 2018年秋に開幕するバレーボール新リーグの「名称とロゴデザイン」が発表された。名称は「V.LEAGUE」。新しく生まれ変わるために「VOLLEYBALL」の「V」に改めて着目し、その「V」を頭文字とする「VISIONARY」「VIVID」「VALUE」「VITALITY」「VIBRANT」「VOICE」「VICTORY」という価値を表現した。新ロゴには「『つなぐ』というバレーボールだけが持っている価値も込めた」と日本バレーボールリーグ機構の嶋岡健治代表理事会長。会見にはゲストとして清水邦広(パナソニック)、高松卓矢(豊田合成)、石井優希(久光製薬)、黒後愛(東レ)も出席。「『V』が強調されていてハートにも見えるし、すごくいいと思います」と清水。選手たちも気に入った様子だった。

【拡大写真と動画】パナソニック5年ぶり王者 清水邦広「最強だけでなく最高のチーム」

地域に根ざすリーグに

[写真]バレーボール・新リーグはV.LEAGUEに。(左から)日本バレーボールリーグ機構の嶋岡健治会長、清水邦広選手、黒後愛選手、石井優希選手、高松卓矢選手、元全日本選手の大林素子さん

 「つなぐ」には、チームと本拠地を置く地域、ゲームを開催する地域を“つなぐ”、選手と地域の人たちやファンを“つなぐ”思いも込められている。新リーグではホームゲームの運営はチームに任せられるという。

 「『V.LEAGUE』の一番のポイントはチームの所在地・地域とどれだけ一緒になってできるか。自治体と連携を取りながら地域を盛り上げていく、試合を活性化していくことを中心に考えていただきたい」と嶋岡会長は強調した。

 大阪が本拠地である清水は、「パナソニックパンサーズは枚方で活動しているので、地域を活性化してホームゲームを盛大にできるように頑張っていきたい。そのために選手が地元のイベントにも出て、いろんな方に興味を持ってもらえるようにすることも大事。そうしてファンを多くつかんで応援していただける人を増やしていきたいと思います」。

 佐賀県鳥栖市がホームで兵庫県神戸市を練習拠点とする久光製薬の石井優希も「新しいリーグになると地域との交流が必要になってきます。ファンとの交流やファン感謝祭も増やしたい」と地元やファンとの関わりの必要性を挙げた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします