大阪府・松井一郎知事が定例会見(THE PAGE編集部)

 大阪府の松井一郎知事が27日午後2時から定例会見を行った。

 ※【**00:32:45】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】松井一郎・大阪府知事が定例会見(2017年12月27日)」に対応しております。

【中継録画】松井一郎・大阪府知事が定例会見(2017年12月27日)

もずやんの成績表について

毎日新聞:毎日新聞の【ネンブツ 00:06:09】です。このあとの、もずやんの成績表についてなんですけれども、1つでもばつが付いたら副知事から降格という話がありましたが、成績は今、ここではおっしゃれないかもしれないですが、もし1つでもばつが付いた場合には、知事としてはどういうふうに対応されるご予定でしょうか。

松井:ちょっとじっくりそこは考えたいと、こう思いますけどね。もずやんの言い分も、どれだけ努力してきて。いろんなテーマがありましたけども、目標数値を大きく上回ってる部分もあるんでね、そういうところも見ながら、来年度の彼の処遇についてはね。一方的に、やっぱりこれは公務員ですから、一方的にばっさり首っていうことにはできませんから。やっぱり、職員のルールっていうもんもありますから、労働のルールっていうもんがあるんで、そういうことも考えながら判断したいと、こう思っています。

毎日新聞:その判断はいつごろまでに下されるご予定なんでしょうか。

松井:うーん、ちょっとお正月、ゆっくりしながら考えようかなと思いますね。

毎日新聞:ありがとうございます。

司会:ほかにございませんでしょうか。

この1年を振り返っての感想

記者1:すいません、知事、今年最後の会見になると思うんですけれども、この1年を振り返られてのご感想をお願いします。

松井:いろいろと、さすが酉年でばたばたしたなという感じですね。いろんなことで、要は大阪のいろんな成長のためのさまざまな取り組み、こういうのが少しずつ動きだした年なのかなと思っています。でもまだ答えが出せていないものもあります。例えば統合案件も大学についてはまだ継続審議中ですし。でも今年の、年度当初には公衆衛生研究所とか、産技研とかね、これは大阪府市一体で新たなそういう組織で機能強化をできましたから、これを、こういう府市一体の取り組みを民間の皆さんにぜひ活用していただいて、大阪の成長に、一歩一歩成長を実現、現実のものにしたいと、こういうふうに思っています。

 また万博、IRについては、万博については3年前に旗を振り始めたころから比べると、認知度も上がってきたし、支持も少しずつ伸びてきているのかな。これ、なんとしてでも来年11月、最後BIE総会に向けてね、万博誘致を勝ち取っていきたいと思っています。またIRは年明けの通常国会でこれはもう必ず議論いただけると思っていますし、基本法が通っているわけですから、大阪はIRの事業者、もう世界トップレベルの事業者の皆さんが大きな投資というものを、具体的な金額まで出して言っていただいているところもあるんで、これも実現させて、さらに大阪の成長、これを右肩上がりの大阪経済をつくっていきたいと、こう思っています。

 今、まだ年度途中ですけれども、さまざまな指標を見ても大阪の経済の状況は少し良くなってきているという形になっていますのでね、今年の1年、当初1年の中で、大阪の経済を引き上げたいというところについては実現できてきているのかなと、こういうふうに思います。

司会:ほかにございませんでしょうか。よろしいでしょうか。それでは定例記者会見を終了させていただきます。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします