[写真]寒さのためコートにマフラーといった厚着姿の人が多く見られた=12日午後、大阪市内で

 12日の近畿地方は、冬型の気圧配置のため朝から冷えこんだ。気象庁によると、大阪市内では最低気温0.2度を観測。枚方市では最低気温が氷点下4.1度で、最高気温は5.8度にとどまった(いずれも同日午後5時現在)。

阿倍野歩道橋・架かった当時の写真と今の風景を比べてみた

 大阪市天王寺区のJR天王寺駅付近では、青空のもと、コートやマフラーで厚着をして移動する会社員らの姿が多く見られた。

 仕事先へ向かう大阪市中央区の会社員の男性(27)は「けさ家を出た時、家の近くの水たまりが凍っていました。これからもっと寒くなるんですかね」と苦笑しながら話していた。

 同庁によると、あす13日は引き続き冬型の気圧配置となるため、おおむね曇りで雪や雨の降る所がある予報だという。

 また、大阪市内では予想最低気温が氷点下1度となっており、同庁は「朝は低温に注意を」と呼びかけている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします