動画をもっと見る

 6434人が亡くなった阪神淡路大震災から17日で23年を迎えた。神戸市中央区の東遊園地では同日午前5時から「1.17のつどい」が行われ、降りしきる雨の中、多くの遺族や被災者らが震災が発生した時刻に黙祷をささげた。

【写真特集】阪神淡路大震災『1.17の記録』・神戸市オープンデータから

[写真]雨の中、ろうそくの火を傘で守る人の姿が多く見られた=17日午前5時45分ごろ、神戸市中央区で(撮影:柳曽文隆)

 この催しは、震災で亡くなった犠牲者を追悼するとともに、震災で培われた「きずな・支えあう心・やさしさ・思いやり」の大切さを次世代へ語り継いでいくために行われている。

 例年、竹灯籠のろうそくの火で「1.17」の文字が灯されている。今年は公募で決定した「1995伝」の文字も描かれていた。

 同園内のスピーカーから「午前5時46分です」という時報が聞こえると「黙祷」の言葉とともに、一人ひとりが静かに目を閉じ祈りをささげた。昨夜遅くから雨が降り続いており、雨にぬれながら手を合わせる人の姿も多く見られた。

 神戸市中央区から来た70代の女性は「きょうはすごい雨ですね。友達のことを思って来ました。私も年を重ねたのでここまで来るのが大変でした。23年といっても、とても早く感じました」と話していた。