[図]スマートフォンの路線ページ画面。列車をクリック、タップすると列車の詳細情報を確認できる(JR西日本提供)

 JR西日本はこのほど、列車がどこにいるのか、どのくらい遅れているのかをスマートフォンやパソコンで確かめられる「列車走行位置サービス」の導入エリアと路線を3月から拡大、列車運行情報アプリと連動すると発表した。

<なにわ鳥目線>大阪市北区「大阪駅」大屋根がつく前後の風景

[図]近畿エリアの導入路線

 同社の発表によると、これまでは京阪神エリアの一部路線で実施されていた。しかし、3月17日からは近畿、岡山・福山、広島・山口、山陰の4エリア13路線(18区間)でもサービスを始める。

 また、新たに導入される区間では、特急列車の表示機能も追加。列車走行位置を現在サービス提供されている「JR西日本列車運行情報プッシュ通知アプリ」から表示できるよう、アプリのリニューアルも実施する。

 このサービスは「列車走行位置専用ページ」か「JR西日本 列車運行情報プッシュ通知アプリ」からアクセスすると、在線位置情報と列車ごとの遅れ時分の運行情報を確認できる。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします