[写真]クランクアップを共演者と分かち合い笑顔の葵わかな=27日午後4時すぎ、NHK大阪放送局で(撮影:柳曽文隆)

 現在放送中の連続テレビ小説「わろてんか」が27日午後、NHK大阪放送局のスタジオでクランクアップを迎えた。同ドラマに主演する葵わかなは、クランクアップと同時にうれし涙を流し、濱田岳、 松尾諭ら共演者らも駆けつけ、にぎやかに10か月の撮影は幕を閉じた。

【動画と拡大写真付き】葵わかな・徳永えりが豆まきで「わろてんか」成田山大阪別院

濱田岳、 松尾諭、内場勝則、堀田真由ら多くの共演者が駆けつけた

[写真]目に涙を浮かべながら、おそるおそるくす玉のひもをひく葵わかな=27日午後4時すぎ、NHK大阪放送局で(撮影:柳曽文隆)

 同日午後4時前、葵やスタッフがモニターで映像を確認後にスタッフからクランクアップが告げられると、スタジオ内のあちらこちらからクラッカー音と「おつかれさまでしたー」の大きな声が響き渡る。同時に、葵はハンカチで涙をぬぐいながら、笑顔でスタッフと撮影終了の喜びをかみしめていた。

 そして、濱田岳、 松尾諭、内場勝則、堀田真由ら多くの共演者が駆けつけ、葵に花束を渡す。葵は共演者らと抱き合い、感無量の様子だった。

 目に涙を浮かべながら、クス玉のひもをひくと「わろてんか 祝 クランクアップ! 皆さま、お疲れ様でした」と書かれた垂れ幕が下がり、同時に大きなクラッカー音が鳴り響き、葵はうれしそうな笑顔をみせていた。

「あぁ、終わったって感じです」

[写真]濱田岳ら共演者が花束を持ってかけつけ、涙する葵わかな=27日午後4時すぎ、NHK大阪放送局で(撮影:柳曽文隆)

 報道陣から撮影終了について聞かれると「あぁ、終わったって感じです。実感がまだわいていない。自分の中では明日もあさっても続くと思ってました」と語る。

 そして「たくさんの人と作る話で、人がいればいるほどうまくいかないこともあるし、ぶつかることもある。それぞれの考え方とか、とらえ方とか表現の仕方があって、その中で私が正義だと思うものを貫くっていうのは、時には難しかった。でも、そういうものを持っていたからこそ、分かり合えた人たちと分かり合えた時間があったし、本当に濃い10か月だったと思います」と続けた。

 また「長いようで短いようで長い10か月。てんというキャラクターで個性的なキャラクターのみなさんと最後まで後悔することなく全うできて、お返しできるのがうれしいです。この3日間は、この10か月の撮影の中でいちばんさみしい3日間でした」と少し寂しそうに振り返った。