動画をもっと見る

 大阪市浪速区の通天閣で1日夜、点灯と同時に5色の輝きを放った。これは大阪府が誘致を目指す2025年の国際博覧会(万博)の誘致活動啓発のためだという。

【拡大写真付き】誘致なるか「2025年大阪万博」会場が夢洲の理由とは

ネオンを万博誘致ロゴマークの5色で点灯

[写真]通天閣のLEDビジョンに万博誘致のロゴマークが「にっこり」輝く=1日夜、大阪市浪速区で(撮影:柳曽文隆)

 通天閣観光によると、通天閣は万博誘致の「オフィシャルサポーター」となっており、今回さらに気運醸成を図ろうと、ネオンを万博誘致ロゴマークの5色で点灯させた。

点灯は11日まで。時間は午後6時~同11時5分まで

[写真]大阪万博誘致に向け5色のネオンの輝きを放つ通天閣=1日午後6時15分ごろ、大阪市浪速区で(撮影:柳曽文隆)

 また、通常は時刻を表示しているLEDビジョンに万博誘致ロゴマークを映している。15分ごとに「サプライズタイム」として点灯の仕方が変化しており、多くの観光客らが足を止めカメラを構える姿が見られた。

[写真]天王寺公園付近でも5色の通天閣を撮影する人の姿が見られた=1日夜、大阪市天王寺区で

通天閣の写真を撮っていた大阪市西成区の男性(65)は「万博誘致の応援か。時計が故障したかと思った。(1970年の)大阪万博やってたときは、すごい人やったことは今でも覚えてる。あの時は元気があったように思うわ」と話していた。

 この点灯期間は11日まで。時間は午後6時~同11時5分まで。