[図]金色車両のイメージ図(提供:大阪市交通局)

 大阪市交通局はこのほど、4月1日の大阪市営地下鉄民営化に伴い誕生する新会社「大阪市高速電気軌道株式会社」(愛称:Osaka Metro)の営業開始を記念し、南港ポートタウン線に金色の車両を導入すると発表した。

【拡大写真と動画】ニュートラム新車両200系 レインボーに勢ぞろい

笑顔の子供をイメージした車両で知られる

 同局によると、この200系車両のフロント部分は「南港の笑顔の子供」をイメージしたデザインとなっているのが特徴。

 このユニークな車両は「車内居住性・快適性の向上」「従来からの車両イメージの一新」をコンセプトに、2016年6月に25年ぶりの新型車両として導入されたものだ。

「金色の車両」導入の理由は?

 今回導入される「金色の車両」には、新会社のスタートを意識し「未来に光輝く」というイメージが込められている。また、車両内の座席の背もたれには「ゴールドの稲穂」の刺しゅうも入れられている。

 同局では、この金色車両の運行開始を記念した出発イベントを4月1日午後1時半~同3時ごろに行い、現在参加者を募集している。募集人数は50人で、大阪市交通局公式サイトの応募フォームから申し込む。集合場所など詳細は、参加者のみに知らせる。応募期間は16日まで。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします