動画をもっと見る

 落語家の月亭八光(40)が5日、大阪市中央区の吉本興業大阪本社で、23日に行われる「月亭八光 約20周年記念祭り」開催会見に出席。会見では、自身のこれまでやってこられた要因を聞かれ「奇跡的な運と育ちのよさ」と答え、会場は笑いに包まれた。

【別の会見動画】「親父の人間力というのはすごいなと思いました」と語る月亭八光

「正式にはどうやら22年目のようでした」

[写真]約20年やってこられたのは「奇跡的な運と育ちのよさ」と語った月亭八光=5日午後、大阪市中央区で(撮影:柳曽文隆)

 八光は1996年に父である月亭八方(70)に弟子入り。今回の記念祭りのタイトルについては「よくよく計算したら、もうちょっとすぎていたと判明し『約20周年』とさせて頂いています。正式にはどうやら22年目のようでした」と報道陣に説明した。

 今回の記念祭りでは、多くの若手も駆けつける中、落語も披露するという。そこで、報道陣から「(落語の)持ちネタはいくつあるのか?」という質問が飛ぶと、少し考えた後「正直20くらいあるんですよね。いますぐしろと言われると3つ4つになります」「普段やってない中からやろうと思ってますが悩み中」と答えた。

「コネだらけ仕事が入るんですよ。2世というのは」

[表]会見場で配られた月亭八光の年表

 約20年を振り返り、これまでやってこられたのは「奇跡的な運と育ちのよさと思います。いま振り返ってもう1回一からといわれたら自信がない」と話した八光。

 入門当初は19歳という若さで「やっていける」と思った。しかし、入った瞬間に舞台に立っていない「名もなき先輩たち」がおもしろく、舞台に出ている先輩たちは「神がかっている」くらいおもしろく圧倒されたという。

 ただ、そんな時に「お父さんにお世話になっています。お母さんにお世話になっています」という人たちから、仕事が入った。八光は「コネだらけ仕事が入るんですよ。2世というのは」と笑顔で振り返った。

転機は「メッセンジャー」との出会い

 また、お笑いコンビ「メッセンジャー」との出会いを人生の転機として挙げた。その理由は「この世の中に、こんなに嫌なことを言う人がおるのか」と思ったことだった。

 通常であれば、悪口は本人に聞こえてこないはずが、メッセンジャーの2人は「なんでお前みたいなやつが仕事あるねん」「八方師匠がおらんかったら殴ってるぞ」とみんなの目の前で大声で言った。

 その様子を見た同年代の人からも同じように言われるようになり「周りとの距離感が縮まって(周囲と)うまいことまわるようになってきて、打たれ強くもなった。ここでていねいに扱われていたら今の僕はなかった」と話していた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします