JR西日本は15日、大阪駅(大阪市北区)と京橋駅のホームに「ホーム柵」を設置すると発表した。

【拡大写真付き】改良・試験が進む駅のホームドア。ロープなど「次世代型」も

大阪駅は「昇降式ホーム柵」を5番、8番のりばに

[写真]大阪駅5番、8番のりばに設置される「昇降式ホーム柵」のイメージ写真(提供:JR西日本)

 同社によると、駅のホームにおける安全性向上を重要な経営課題ととらえており、ハード・ソフトの両面から様々な取り組みを実施。その核となるハード対策として、ホーム柵の整備を進めているという。

 今回、大阪駅には「昇降式ホーム柵」を5番、8番のりばに設置。5番のりばはJR神戸線で、主に三宮への新快速、快速電車が発着。8番のりばはJR京都線で、こちらも新快速、快速電車が発着する。

 柵の大きさは高さ1.3メートル、最大開口は約13メートル、柵延長は約240メートルとなっている。

京橋駅では3、4番のりばに「可動式ホーム柵」

[写真]京橋駅3、4番のりばに設置される予定の「可動式ホーム柵」イメージ写真(提供:JR西日本)

 京橋駅では大阪環状線の3、4番のりばに「可動式ホーム柵」を設置。こちらは高さ約1.3メートル、最大開口は約3.5メートル、柵延長は約160メートルとなっている。

 使用開始は大阪駅が2019年の春ごろ、京橋駅が2019年の秋ごろの予定となっている。