動画をもっと見る

 「花見日和」が続く大阪府内だが、29日も高気圧に覆われ朝から晴れ間が広がった。大阪市北区と都島区をまたがる「毛馬桜之宮公園」では桜が見ごろを迎えており、多くの花見客でにぎわいをみせている。

桜咲く大阪城公園に多くの花見客「夜桜も楽しみ」

[写真]大川沿いで満開の桜を楽しむ人の姿が多く見られた。川では花見クルーズも=29日午後、大阪市北区で(撮影:柳曽文隆)

 同公園付近を流れる大川沿いに咲くたくさんの桜。時折吹く風に散る光景は風情を感じさせ、川には桜見物のため運行される数多くの船が浮かび、春のにぎわいを感じさせる。

 夫婦で散歩に来たという都島区の男性(78)は「今年の満開はかなり早いね。毎年楽しみにしているけど、これだけ早いとは驚きました」と笑顔で話す。

 自転車で川沿いを走ってきたという男性(42)は「先週までの寒さがうそみたい。けど気持ちよく走れてます。造幣局の門に今年の桜の通り抜けは4月11日からと書いてあったので、また改めてきます」と話していた。

[写真]大阪市内は午後3時までに最高気温22.2度を観測した。桜の花も見ごろだ=29日午後、大阪市北区で

 気象庁によると、同日午後3時までの大阪市内の最高気温は22.2度を観測。あす30日は引き続き晴れの予報で、最高気温は18度の予想となっている。