[写真]写真中央下に海遊館、天保山大観覧車が写る。中央左には真っ赤な港大橋。右上には大阪府庁咲洲庁舎も見える=2017年10月、大阪市港区で(撮影:柳曽文隆)

 今回の写真は、大阪市港区海岸通「天保山ハーバービレッジ」周辺。1枚目の写真の中央右下には、1990年に開館した水族館「海遊館」が見える。今年3月に新たな施設「海月銀河」をオープンするなど、現在も人気の施設となっている。

【拡大写真付き】レポーターもふわふわクラゲにうっとり 大阪・海遊館に新たな癒しエリア「海月銀河」

 そのすぐ近くには、天保山大観覧車が見える。こちらは1997年に開業。計60基のゴンドラを誇り、高さ112.5メートルとなっている。2014年からはLED照明を導入し、夜になると色鮮やかな輝きを放つ。翌日の天気予報も表示できるようになり、少し離れた場所からも楽しめる演出を施している。

 この観覧車のそば、大阪港にはクルーズ客船が入港することでも知られる。今年3月に豪華客船クイーンエリザベスが入港したことも記憶に新しい。

 大阪市役所公式サイトにある「大阪港クルーズ客船 入港情報一覧」を見ると、今後も様々な客船が入港する予定となっている。1868年7月に開港し、2017年には開港150周年を迎えており、今後も歴史を積み重ねていく。